東京と千葉の店舗や戸建ての漏電修理や電気修理は京葉電建にお任せください。

お問い合わせ

20時以降のお問い合わせは、FAXかメールでお願いします。

京葉電建株式会社電話番号
  • 営業時間8:00~20:00
  • 047-489-1765

お役立ちコラムColumn

  • 事故防止のための放電抵抗

    2016.06.04

    一般的な電化製品は、当然コンセントを挿すことで稼働します。コンセントが挿された時、電化製品の回路では、まず、内部のコンデンサに電荷が蓄えられます。このコンデンサの役目として、電流の消費量が短時間で変化した時にも、電化製品が不安全にならないことや、瞬停と呼ばれる、人の目には分からない程度のごく短時間の停電が起きた際に、電源が落ちないために用いられています。

    さて、このコンデンサは、電気製品の動作により、放電と充電を交互に繰り返しています。では、電気製品が電源オフになった時、つまりコンセントを抜いた時時は、本来の放電先となる電気製品が動作しないため、そのままではコンデンサの電化が放電されず、内部に残ってしまい、危険な状態になりかねません。これを防止するのが放電抵抗です。放電抵抗は、コンデンサの出力端子と、グランド間に繋がれている、たとえば10kΩほどの大きめの抵抗です。この抵抗の存在により、コンセントが抜かれていても、その抵抗を解して、電荷はじわじわとグラウンドに流れていくため、コンデンサの電荷が貯まったままで危険な状態にはなりません。

年間1500件を超える緊急対応・緊急修理の実績。電気のトラブル解決します。

京葉電建株式会社電話番号
  • 営業時間8:00~20:00
  • 047-489-1765

20時以降のお問い合わせは、FAXかメールでお願いします。

京葉電建株式会社