東京と千葉の店舗や戸建ての漏電修理や電気修理は京葉電建にお任せください。

お問い合わせ

20時以降のお問い合わせは、FAXかメールでお願いします。

京葉電建株式会社電話番号
  • 営業時間8:00~20:00
  • 047-489-1765

お役立ちコラムColumn

  • ブレーカーの電気修理が必要になった時

    2016.07.14

    電気を使い過ぎると、ブレーカーが落ちてしまうことがあります。その場合には使い過ぎている電化製品を止めて、またブレーカーを上げることによって使えるようになります。

    しかし、一方の電化製品を切ってブレーカーを上げるという行為は大変不便です。その場合には電気修理をしてみてください。電気工事業者に電気修理としてアンペアを上げてもらうことで、問題は解決します。電力会社への申請と一緒に、アンペアを上げる工事もしてもらえるのです。

    もしもブレーカーが漏電しているようであれば、ブレーカーの交換も電気修理業者にしてもらえます。まずは漏電しているかどうかを調べる必要がありますが、電気修理業者が専門的な機器を使用して調査してくれるため、心配ありません。

    これで次からは複数の電化製品を使ってもブレーカーが落ちることはありません。どうしても今のままだと不便だということであれば、アンペアを上げるための電気修理も検討してみてください。

     

    東京都お役立ち情報:若い世代に充実!江戸川区の特徴

    江戸川区の面積は50平方キロメートルあり、東京都内23区内でも屈指の広さを誇っています。住民の平均年齢も約41歳と、東京23区内でも1、2を争う若さです。これは、江戸川区の子供への福祉制度が充実していることが関係しています。

    例えば「保育ママ」の制度。生後9週間目から1歳未満のお子さまを「保育ママ」さんとして登録した家庭で預かってくれる制度です。このような制度を利用することで、仕事を持っている女性は出産後すぐに働けますし、子供も暖かい家庭環境で過ごせるというメリットがあります。また学童保育も小学生全学年対象に行われており、シングルマザーへの助成金等、子育て世代の福祉が充実しています。

    さらに、江戸川区にはたくさんの公園や憩いの場や水族館、動物園があります。有名なところではマグロが回遊する、葛西臨海公園内の水族館や、無料で動物たちとふれあえる自然動物園もあり、休日には家族で楽しめる施設が区内にたくさんあります。大きな商業施設もあちこちにあり、小学校の数も多いので、東京都内でも子育て世帯には住みやすい区でしょう。

年間1500件を超える緊急対応・緊急修理の実績。電気のトラブル解決します。

京葉電建株式会社電話番号
  • 営業時間8:00~20:00
  • 047-489-1765

20時以降のお問い合わせは、FAXかメールでお願いします。

京葉電建株式会社